FAQー職歴が多い、又はすごく短い場合どうすればいい?

?: 職歴が多い、またはすごく短い場合、レジュメにどう書けばいい?

A: 有料翻訳サービスをお受けしていた当時、eResumeShopのお客様から比較的よく聞かれる質問の中に、「職歴がかなり多いが、全部書かない方がいいか?」、「短い職歴やアルバイトは、どの程度書けばいいのか?」というのがありました。もちろんこれは、応募する職種や、書類を受け取って目を通す担当者の考え方によって、答えはさまざまです。そのため、応募先に合わせてその都度自分の応募書類を手直しするのは必須です。その時の目安となるように、ここに大体のルールを書いておきたいと思います。

ここでは、何人かの採用担当者の方から直に聞いた、いわゆる、ぱっと見のいい英文履歴書について、ご紹介したいと思います。情報源はアメリカ、カリフォルニアの大企業の人事担当者の方々です。

まず第一に、職歴にブランクがないのが好まれるそうです。(これは個人的にはちょっと意外な回答でした!)そして、転職回数がとても多い場合は、過去5年分くらいの職歴を書き、それ以上古いものは思い切って省いてしまってもいいとのことでした。

ただ、これも応募しようとしている職種に関連した職種の経験であったり、そのものずばり同じ職種の経験がある場合は、例えものすごく古いものでもとても書きたくなりますよね〜。ただそれを書くことによって、ギャップが生まれないように、仕方なく全部の転職経験を書いて、紙が何枚にもなってしまう場合は、やっぱり書かないでおきましょう。

ではその書きたいものだけ書いて、書きたくないものは省くというやり方はどうか?これは、大きなブランクを作らず仕上げられる場合にのみ、一番良い方法です。

短い職歴や、アルバイトなどは書くべきか、に関してですが、期間が6ヶ月以上であれば書いていいと思います。特に、職歴が少ない、短い、又は新卒の方は、たっぷり内容をふくらませて書きましょう。バイト、正社員、派遣などの雇用形態は、アメリカでは採用の際に全く気にしませんので、アルバイトだからといって、特に履歴書に「アルバイト」等と明記する必要は一切ありません。

要点をまとめますと、職種が統一されていて、過去5年くらいに大きなブランクがなく、何をしていたのかがはっきりぱっと見でわかる履歴書が好まれるようです。ですので枚数もテクニカル系でない方は、できるだけ1枚、ないしは2枚にはおさめたい所です。(IT系の人は、必ず別紙でハードとソフトのスキルシートを添えましょう)

どうしても大きなブランクができてしまう場合は、その間、あなたが何をしていたかの質問に対する答えを、面接の日に備えてしっかり準備しておきましょう。特に理由がない場合でも、何かを勉強していたとか、ボランティアに従事していたとか、なんとか切り抜けて下さい。職歴の年号などで嘘をついてはいけませんが、例えば習い事や英会話学校などに行ったことがある方は、そのブランク期間中に(行ったことにするくらいは嘘も方便です、苦笑)集中して英語の勉強をしていた、等といろいろ工夫してみてください。

レジュメの中で、何年何月〜何年何月 フリーランスで〇〇として働いていた、というやり方もおすすめです。例え受注した仕事がたった一件でも、その期間トライしていたなら嘘ではありませんから。

繰り返しますが、履歴書をパッと見た時にある、謎のブランクを企業は嫌う傾向にあるようです。やはり常に何かをしていた人を、採用したいですよね。書類で落とされないようにするためにも、ギャップの目立たない英文履歴書を用意しましょう。時系列で書く、一般的なクロノジカルレジュメに対して、年号を隠せるファンクショナルレジュメという手法もあります。高齢で職歴が極端に多い方にも良い方式です。これは、また別の機会にご紹介しますね。

とりあえず、面接まで行かないと先に進めませんので、自分の作った英文履歴書を、客観的に第三者の目で見るようにし、その人物に会ってみたいかどうかを考えてみてください。

がんばれ〜!!Good Luck!!