英文と和文の両方の履歴書

日本にある外資系の会社に応募しようとする場合、募集要項に「英文と和文の両方の履歴書を郵送」とよく書かれています。これがシンプルなようでいて、中々曲者なのです。この場合、弱くなりがちなのが日本語の履歴書なので、当然といえば当然ですが、両方とも素晴らしいのを用意しましょう。外資系と一言で簡単に言っても、皆さんご存知の通り、会社によって様々です。外資色の非常に強い会社もあれば、外資は外資だけれど、中はべたべたの日本企業だったり。外国人社員のいっぱいいる所もあれば、英語なんか全く仕事に関係ないところもあります。

さて、そんな中で、現実問題とは全く関係なく、ただ単に「便宜上」両方の履歴書を要求する会社があります。
募集要項に書いてはあるけれど、英語の方は実は全く見ちゃいなくて単にファイリング用とか、採用後に事後報告で本社に送る用にとか、まあいろいろ理由はあります。要は、外資で会社が日本にはあるけれど、人事が日本人で、募集職種に関わる部署の責任者もその上の人も、そのまた上の人も全部日本人だと、せっかく頑張って用意した英文をたいして見てなかったりします。(もちろんこの真逆もあ りますよ)

以前、アメリカ国内の日系企業で、アメリカ人と日本人の混合で、英語で面接を受けたことがあるのですが、各面接官の手元には、私の英文和文の両履歴書がコピーされて配られていました。そして本当に単純ですが(笑)、アメリカ人は英語のだけを、日本人は日本語のだけを終始見ながら面接は進められました。やっぱり母国語の方がどう考えても楽ですもんね。

逆に日本国内で米系企業を受けた時には、面接官がアメリカ人と台湾人の二人、面接は全て英語で、二人の手元には私の英文履歴書のみが置かれていました。もちろん日本語の履歴書も提出済みでしたが。

こんな感じで色々ですが、ポイントに戻ります。つまり両方の履歴書のクオリティーを同じに、外資系、海外就職だという場合でも、和文英文どちらも手を抜かずに仕上げましょうということです。

さて、ここで日本語の履歴書ですが、皆さんご存知の通り、市販のフォームもある程度決まりきっていて、どう考えても英文履歴書ほど、中味濃く盛ることができません。というか、そんなに色々書くスペースがありません。なので職務経歴書やスキルシート(名前はなんでもいいです)を別に用意してくっつけましょう。もちろん、手書きじゃなくて入力して印刷してください。繰り返しますが、ここでのポイントは両履歴書の中味を同じレベルにするということです。これは全く同じことが書かれていて、正確に翻訳されていないといけないとう意味では決してありません。誤解のないように。アピールする表現や構成は違っていて構わないので、同じくらい魅力的に仕上げてください。必ずしも両方見てくれていなかったり、または、和文、英文のどちらを見られているかがわからないということです。

私は個人的には、日本語のカバーレターをつけてもいいと思います。英語版の方は、ぜひeResumeShopのコンテンツをじっくり読んで参考にしてくださいね。皆さん、がんばって!

英文履歴書を書く場合の参考書として、英文履歴書の書き方Ver.3.0をおすすめします。