Vol. 30Vol. 57
「やっかいな同僚」。 エピソード2
家族に相談する

▼状況▼
意地悪な 同僚アリスンにたまりかねたリンダは、夕食時に夫に相談します。
最初のお話を読みたい方はエピソード1へどうぞ。

◆エピソード 56◆

Problem co-worker - Episode 2

L: Linda
S: Steve, Linda's husband

<Linda and Steve are eating dinner after a long day at the office.>

L: I'm having a problem with someone at my office.
S: What's going on?
L: You remember Allison, the girl who kept drinking a lot of beer at the company picnic?
S: Yes. Is she bothering you? It doesn't surprise me!
L: What do you mean?
S: I mean that you are such a sweet and nice person and she is kind of a wrestler-type. I wouldn't think you two would get along.
L: I'm not sure I can stay sweet too much longer with her next door to me.
S: Have you talked to your boss about it?
L: No. But he likes her. There is a rumor going around that he might be dating her!
S: Sounds like a serious problem.
L: She keeps doing things to bother me on purpose. I don't understand why. Everyday it is something different. One day she kept pounding on the wall every 5 minutes or so. It drove me crazy.
S: Did you ask her to stop?
L: Yes! She just got mad and said that she can do whatever she wants in her office.
S: I think it might be time to go above your boss' head.
<stay tuned for more of this conversation...>

◆エピソード 56の解説◆

It doesn't surprise me!

<訳>驚かないよ、当然だ

There is a rumor going around that <訳>〜だっていう噂が出回っている

便利な表現です。thatの後に文章を入れて使ってください。
on purpose <訳>わざと
I don't understand why. <訳>何でなのか理解できない。
pound on〜 <訳>〜をドンドンと叩く
get mad <訳>キレる、腹を立てる
stay tuned <訳>チャンネルはこのまま、引き続き注目を

テレビやラジオの番組の途中でよく使われます。

◆エピソード 56の全訳◆

「やっかいな同僚」。 エピソード2

L: リンダ
S: スティーブ、リンダの夫

<リンダとスティーブは仕事の長い一日が終わって晩御飯を食べています。.>

L: 会社の人のことで困ったことがあるの。
S: 何なんだい?
L: アリスンて覚えてる?会社のピクニックの時、ビールを大量に飲みまくってた人。
S: 覚えてるよ。彼女が何か君に面倒をかけてるの?想像付くな。
L: どういう意味?
S: つまり、君は可愛くて優しいタイプだけど、彼女はどっちかっていうとプロレスラータイプだろ。二人が仲良くやるって考えられない。
L: 彼女が隣にいる状態で、私この先いつまで優しい人でいられるかわからないわ。
S: 君の上司とそのことについて話したことはあるのかい?
L: ないわ。でもね、うちのボス彼女のこと気に入ってるのよ。二人が付き合ってるかもって噂があるのよ。
S: なんだか深刻な問題だな。
L: 彼女私を困らせるようなことをやり続けるの、わざとね。何でなのか分からない。毎日何かしら違うことなの。ある日はね、5分おきに壁をドンドンたたき続けたわ。こっちは気が狂いそうだった。
S: やめてくれるように彼女に頼んだ?
L: もちろん!彼女は自分のオフィスで何しようが勝手でしょって言ってキレただけ。
S: 今まさに君の上司の上に話を持っていく時かもしれないよ。

<続きをお楽しみに・・・.>

もっと古いバックナンバーを見るVol. 1Vol. 29

Home | Services | How it works | YourData | Tips | FAQ | Contact | Privacy
Copyright (c) 1999-2008 eResumeshop.com All rights reserved worldwide