トップメニューに戻る
Vol. 30Vol. 57
オーガニックブーム
日本ではどの程度なんでしょうか?私の周りでは今かなりのオーガニックブームです。
オーガニックの食品、いわゆる農薬や飼料等を使わない有機栽培ってやつです。
先日日本へ一時帰国して戻ってきた日本人の友人からお土産にオーガニック麦茶をもらいました。
日本はもう何年も自然ブームなのかな ?
私もここカリフォルニアの周りの一部の友人達のように何でもかんでも絶対オーガニック!とまでは頑固でないですが、選択肢が目の前にあって、かつ金銭的に余裕があれば一応オーガニック物を求めるように最近なってきています。
まあ、自然に越したことはないかな・・・と。ただ、値段はやはりちょっとお高めですね〜。
もちろんとんでもなく高ければ買いませんし、あとうちの近所のスーパーでは苺なんかはオーガニックじゃないものの方がいかにもおいしそうだったりするので、そういった時はconventional(普通の、従来の)を買ってしまいます。そうでなくてもアメリカの苺は野菜みたいな味の方が多いので(笑)。

実は赤ちゃん用のオーガニックヨーグルトなんだけど私の好物
アメリカではWhole Foods Marketというチェーンのスーパーがあり、自然食品、オーガニック物をたくさん扱っています。私も週に一度は行く常連です。面白いことにオーガニックでない食品には上に書いたようにconventionalと表示されて売られています。「オーガニックじゃない」と書くとなんかネガティブな感じがするからでしょうか?他の普通のスーパーで売っている食品は全てconventionalなんですけどね。
何に対してもそうですが、度を越すと怖いものがあります。でも必ずどこの世界にも度を越してしまい、一つのことを信じるがあまり、信じていない人たちを悪者にして他の人に迷惑をかける輩がいます。
食品に関する実しやかなデマを故意に広めるグループもあり、食品会社との訴訟につながった例が多々あります。
以下はfalse health scare、すなわち食品に対して恐怖感を与えるデマを扱ったページです。スターバックスや牛に使われるgrowth hormone(成長ホルモン)についてなどが載っています。大きい会社はやはりターゲットになりやすいようです。
(英語)HEARTLAND INSTITUTEの食品に関するデマのページ

オーガニックでない牛乳を飲んだ5歳の女の子の胸が’急に大きくなっただのという有名なメールはうちにも来ました。5歳だったり、3歳だったりあちこちで微妙に話は違っているようですが、ショックだったのはある人気のあるホームページ(日本語のサイト)でこの話が本当のことのように紹介されていたことです。悲しいかな、デマを流すグループの大成功ですね。
大騒ぎする前に、鵜呑みにする前に、情報を見る目、自分で調べて確かめる目を持ちたいものです。まあ、結局お金儲け主義の為にgrowth hormoneを使って牛をたくさん飼育し太らせてっていう人間のやり方に腹を立てたい気持ちも分からなくはないですが、全然関係のない人々を不安に陥れちゃいけませんよね・・・

私の予想ではこのブームに乗って何れはほとんど全ての物がオーガニックになっていくような気がします。技術もかなり進歩したことですし、どうやっているのか知りませんが、私が買う色々なオーガニック野菜も別に見た目が変でもなく、虫に食われた後もなく、いい感じでおいしいです。
ちなみにうちの裏庭にピーマンとかズッキーニ等を植えると、私が食べる前に必ずカタツムリに食べられてしまいものすごく頭にくるのですが、きっとプロがやると違うのでしょう。

今でも既にえっ?!っていうようなオーガニック物があります。食品なら分かりますが、オーガニックのシャツ、オーガニック靴下などを見たことがあります。この場合は使用しているコットンがオーガニックだそうです。
まあ、典型的なマーケティングの手法であるのは分かっていますが、数ある商品から選ぶ時、「オーガニック」、「無添加」、「遺伝子組み換えでない」、「減塩」な〜んていう文字を目にすると、単純な私はついついそっちに手が伸びてしまいます。


うちの冷蔵庫の中、ははっ!

もっと古いバックナンバーを見るVol. 1Vol. 29

Home | Services | How it works | YourData | Tips | FAQ | Contact | Privacy
Copyright (c) 1999-2008 eResumeshop.com All rights reserved worldwide