&
Vol. 1Vol. 29

Vol. 30Vol. 57

独立記念日後の休み明けの会話

<状況>
独立記念日で一週間会社がお休みになった後の休み明け、月曜日の朝の
オフィスです。同僚同士が休み中の出来事について話しています。
(注:カレンダー上、国民の祝日は7/4のみですが、会社によってはその週
一週間まるまるお休みになるところも少なくありません。)

<エピソード 33>
G: Grace
J: Jim

G: Hi, Jim!
J: Hi, Grace. How are you doing?
G: Pretty good. Thanks. So, how was your week off?
J: We went to Santa Barbara to visit our relatives.
   We mostly hung out around the beach.
   We saw fireworks on the Fourth. It was fun and relaxing.
G: That's good.
J: Yeah. How about you? Did you go somewhere during the week?
G: Not really. Just stayed around the house. I was gonna go to San
   Francisco to see the fireworks display like I did last year, but
   I changed my mind. You know, going to a big city with large
   crowds wasn't such a good idea this year after 911.
J: I know! It's really irritating that we have to worry about such
   things, isn't it?
G: Yeah. Did you hear about the shooting at LAX on the Fourth?
J: I heard about that. Do they know if he was a terrorist yet?
G: I don't know. It's funny how a shooting in L.A. is big news.
   It isn't news every other day of the week. <g>

<エピソード 33の解説>
★hang out
うろうろする、ぶらぶらする

★fireworksとfireworks display
fireworksは「花火」。
displayをつけると「打ち上げ花火」や「花火大会」です。
打ち上げ花火を、単にfireworksと言っても大丈夫です。

★Not really.
要するに意味は「ノー」。
あいまいなこの表現は、非常に便利で会話では頻出です。
この表現の奥には、休み中にグレースは全く一歩も家を出なかったわけ
ではもちろんなく、特にわざわざ話すほどのところへは行かなかった、
のニュアンスが出ています。
他の使い方として、本当にはっきりとNo!なんだけれど、はっきりNoと
いうのを避けたい時にも便利です。

例えば手料理をご馳走してくれた友達から、
(A) Oh, you don't like broccoli that much, do you?
   あれっ?ブロッコリー好きじゃないっけ?
(B) Not really...
   あんまり、、、。(心の声:嫌い!)

(注: ビジネスで使うのはやめましょう。笑)

★Just stayed around the house.
分かりきっている場合に会話ではほとんど「I(私は)」を使わない
でセンテンスを作る日本語と比べてしまうと、頻度は少ないですが
英語でも主語を省略して構わない(自然に聞こえる)フレーズは
あります。
ルールはなく、会話の流れと使う単語によるので、ひとこと説明で
片付けられないのがつらいところですが、こんな風に話しても
いいんだ、ということだけ伝われば、と思いました。
主語が省かれるのは大体、カジュアルな会話や電子メールの中です。

★You know, 〜
ほらぁ、知ってるでしょ、分かるよね?、ほらほら、ええっと
文の最初、真中、最後等、はっきり言ってカジュアルな会話中なら
どこで使っても大丈夫です。口癖になってしまっている人もいるくらい
ですが、連発すると嫌味になりますので注意。

★large crowds
たくさんの人々、群衆、大混雑

★911
アメリカテロ攻撃の日を、誰もが会話でこのように表現しています。
September eleventh、もしくは、nine one oneと発音して使います。

★irritating
苛々させる、忌々しい、腹立たしい

★LAX
ロサンゼルス国際空港のことです。エルエーエックスと発音して使います。

★shooting
銃撃、発砲

<エピソード 33の全訳>
G: グレース
J: ジム

G: ハーイ、ジム!
J: やあ、グレース。調子はどうだい?
G: なかなかよ、ありがと。で、一週間のオフはどうだった?
J: 親戚を訪ねてサンタバーバラへ行ったんだ。ま、ほとんどビーチ
   のあたりでブラブラしてて、4日の日は花火を見たよ。
   楽しかったし、くつろげた。
G: それはよかったね。
J: うん。君の方は?休み中どこかへ行った?
G: いいえ、特にどこへも。家の近所で過ごしてただけ。去年みたいに
   花火を見にサンフランシスコへ行くつもりだったんだけど、やめたの。
   ほら、、、混雑してる街中に出て行くのは、今年はあんまりいい考え
   じゃないでしょ、911の後で。
J: わかるよ。全く腹立たしいよな、そんなこと心配しなくちゃいけない
   なんて!
G: その通り。4日のLAXの銃撃事件のことは聞いた?
J: 知ってるよ。そいつってテロリストかどうかって判明したの?
G: 知らない。なんかLAでの発砲が、そんな大きなニュースになるのって
   おかしいよね。
   これが他の日だったらニュースでも何でもないのに(笑)。

Vol. 1
Vol. 29

Vol. 30Vol. 56


Home | Services | How it works | YourData | Tips | FAQ | Contact | Privacy
Copyright (c) 1999-2008 eResumeshop.com All rights reserved worldwide