&
Vol. 1Vol. 29

Vol. 30Vol. 57

汚職で首切り

<状況>
同僚同士のひそひそ話。誰かが悪いことをして首になったようです。

<エピソード 38>
J: Joe
S: Steve

J: Did you hear that Fred got sacked on Friday?
S: No. Why?
J: He was caught taking payola from one of the vendors.
S: Like a bribe?
J: Yes. That's why he kept giving the contracts to that vendor.
S: How much money did they give him?
J: I don't know, but I heard that he got his new corvette from them.
   They sold it to him for a really low amount.
S: I was wondering how he could afford that car. Now I know.
J: Also, the company has banned the vendor from ever doing
   business here again.
S: So I can't get a corvette too? ha ha.

<エピソード 38の解説>
★get sacked
(訳)首になる、首を切られる、解雇される、お払い箱になる
首になるといえば、firedが浮かぶ方の方が多いのではないでしょうか。
get sackedはスラングで、firedと全く同じ意味です。
汚い言葉では全然ないですが、男性が使うことの方が多いようです。

★payola
(訳)リベート、収賄、贈賄、汚職

★bribe
(訳)袖の下

★corvette
ご存知シボレーのコルベットです。

★afford
(訳)〜する余裕がある、〜を買うだけの余裕がある

★ban
(訳)禁止する、差し止める
日本の文法用語を使うのは柄ではないんですが、過去形と過去分詞形に
なったときのスペルに注意。--> bannedです。

<エピソード 38の全訳>
J: ジョー
S: スティーブ

J: 金曜日にフレッドが首切られたの知ってる?
S: うっそ、何で?
J: 業者からリベートを受け取ってたのがばれたんだよ。
S: 袖の下ってやつだね?
J: そう。だからあいつ、その業者にばかり仕事を請け負わせ続けて
   たんだよな。
S: いくらくらいやつに払ってたのかな?
J: 知らないけど、新車のコルベットを手に入れたのは聞いたよ。
   すご〜く安い値でその業者が彼に売ったんだって。
S: 俺、あいつがどうしてあんな車を買うだけの余裕があるんだろうって
   思ってたんだ。今わかったよ。
J: それと、うちの会社その業者を出入り禁止にして、もう二度と
   ここでは取引できなくなったんだとさ。
S: じゃあ、俺もコルベットもらうことはできないんだ?ははは・・・

Vol. 1
Vol. 29

Vol. 30Vol. 56


Home | Services | How it works | YourData | Tips | FAQ | Contact | Privacy
Copyright (c) 1999-2008 eResumeshop.com All rights reserved worldwide