&
Vol. 1Vol. 29

Vol. 30Vol. 57

「ボブの就職活動」 エピソード4
異業種転職、面接で苦戦


▼今週の状況▼
ボブの転職活動の初の面接です。
異業種転職で経験なしなので、かなり苦戦しています。
ともかく好印象を与えるようにがんばります。

◆エピソード 47◆

Bob's job hunting - Series Episode 4

B: Bob
I: Mr. Ganges, Interviewer
R: Receptionist

B: Hi.. My name is Bob Jones.
   I'm here to see Mr. Ganges for an interview.
R: I'll let him know you are here. You can have a seat over there.
B: Thanks.
<Time passes, Bob is reading computer magazines when Mr. Ganges
finally enters the lobby.>
I: Hi Bob? I'm Fred Ganges.
B: Hi. Nice to meet you.
I: Let's go to a conference room where we won't be disturbed.
<Bob follows Fred to a conference room.>
I: So, are you ready for Halloween?
B: Yes. I've got lots of candy ready for trick-or-treaters.
I: I see you are in Marketing. Are you aware this position is for
   a computer programmer?
B: Yes. I'm looking to make a career change.
I: Do you have any experience as a programmer?
B: In school, but I have not worked as a programmer yet.
   I think I'm fairly skilled though.
I: I believe that programming is something that gets better
   with experience.
   For this position, we are looking for someone with at least
   2 years experience.
   We can look at your school experience, but have you worked on
   any large computer programming projects?
B: Yes. In school I participated in a project to port Linux
   to a handheld computer.
I: That's interesting.
   How many other programmers were on the project?
B: Our whole class, about 35 students.
I: I see... I think that this position might not be suitable
   for an entry-level programmer such as yourself.
   But I've really enjoyed talking with you today.
B: It's been nice talking to you too.
I: We will be in touch if any entry-level positions
   become open that match your skills.
B: Thanks for talking with me today.
I: It was my pleasure. Do you need any help finding your way out?
B: No. I left some bread crumbs. <ha ha>


◆エピソード 47の解説と、アメリカでの面接の常識◆

★I'm here to see Mr. Ganges for an interview.
面接のために行った企業の受付で言う決り文句です。
面接の担当者が現れたら、挨拶とともに握手して下さい。
その場合相手の手をしっかりと握ってください。

★trick-or-treaters
これは、ハロウィンの夜にお菓子をもらうために、近所の家の
ドアをたたく仮装をした子供達のことを指しています。
trick or treat!(お菓子をくれないといたずらするぞ!)
と言って、子供達は近隣の家を回ります。


★I'm looking to make a career change.
現在の職種と全然関連のないポジション、違うフィールド
に応募する際に使えるフレーズです。
異業種転職をしたい場合は、このように言ってしっかりと
将来の意志を伝えた方がいいです。
career change(キャリアの変更)ですので、一時的に
ではなく、この方向に今後向かっていきたいという志です。
単に、「経験はないんですけど前から興味のあるエリアだったので・・」
というと今回だけ、またはちょっとやってみたくてという印象を
与えてしまうことになります。

★It's been nice talking to you too.
終わりよければ全て良し、とまでは言わないですが、今回のように
はっきり駄目と言われてしまってもあくまで感じよく、感じよく。
好かれて損になることは絶対になく、スキットにあるように
この担当者はエントリーレベルのポジションに空きが出た際に
本当にボブにコンタクトしてくれるかもしれません。

★Thanks for talking with me today.
面接に時間を割いてくれたことへのお礼を忘れずに。
Thank you for your time. とかでもいいです。

<余談>
Thank you very much.とメールでも会話でもvery muchを簡単に
連発する人がたまにいますが、いかにもESLといった感じで
自然じゃないです。本当に”いかにも”です。
命を救ってくれたわけではないので、ネイティブに負けない
英語使いになるために「どこでもvery much」はやめましょう。
それと、very muchをつけるともっと丁寧に聞こえると勘違いしている
方も時々いらっしゃいますがそれは間違いです。
very muchはものすご〜く感謝している時と、わざとコミカルに
大げさに言いたいときに使います。
上司でも面接の担当者でも、ブッシュ大統領にでもThank you.
で大丈夫です。

<注>
ESLはEnglish as a second languageの略で「第二外国語としての
英語」という意味ですが、スラングとして「英語がネイティブでない
人」のことを指してもよく使われています。
スラングの意味で使うときは、本人が I am ESL.「英語は母国語じゃない
んです」というふうに使うとき以外は感じのよい表現ではありません。
表現をご紹介させていただくためにあえて使ってみました。


◆エピソード 47の全訳◆

ボブのジョブハンティング - シリーズ、エピソード4

B: ボブ
I: ガンジス氏、面接官
R: 受付

B: こんにちは、ボブ・ジョーンズと申します。
   ガンジスさんとの面接で来ました。
R: おいでになったことを伝えますので、あちらにおかけになって下さい。
B: どうも。

<時間が経過し、ボブがコンピューターの雑誌を眺めていると
ついにガンジス氏がロビーに来ました。>

I: ハーイ、ボブ? 私がフレッド・ガンジスです。
B: こんにちは、お会いできてうれしいです。
I: 邪魔の入らないコンファレンスルームに行きましょう。

<ボブはフレッドの後ろをついてコンファレンスルームへ向かいます。>

I: さてと、ハロウィンの準備は万端ですか?
B: ええ、子供達のためにたくさんキャンディーを用意しましたよ。
I: 現在はマーケティングにいらっしゃるんですね。このポジションが
   コンピュータープログラマーだというのはご存知ですよね。
B: はい、キャリアの転向をするつもりなんです。
I: プログラマーとしての経験は何かありますか?
B: 学校では・・・ただプログラマーとして働いたことはまだないです。
   自分ではかなりスキルがあると思っていますけど。
I: 私の考えではね、プログラミングっていうものは経験とともに向上して
   いくものなんですよね。
   このポジションには最低二年の経験がある方を探しているんです。
   学生時代の経験を考慮することはできます。ただ、何か大きな
   プログラミングのプロジェクトに参加したことはありますか?
B: はい、学生時代Linuxをハンドヘルドへ移行するプロジェクトに参加
   しました。
I: それは面白いですね。
   何人くらいのプログラマーがそのプロジェクトに参加しましたか?
B: クラス全体ですから、35人です。
I: なるほど・・・おそらくこのポジションは貴方のような
   エントリーレベルのプログラマーの方には適正でないと思います。
   ただ、今日お話させていただいたのは良かったと思っています。
B: こちらこそ、お会いできて光栄です。
I: 貴方のスキルにあったエントリーレベルのポジションが空きましたら
   ご連絡させていただきますよ。
B: 今日は面接していただいてありがとうございました。
I: こちらこそ、ありがとう。出口までご案内する必要がありますか?
B: いいえ大丈夫です。パンくずを落としてきましたから。はははっ!

Vol. 1
Vol. 29

Vol. 30Vol. 56


Home | Services | How it works | YourData | Tips | FAQ | Contact | Privacy
Copyright (c) 1999-2008 eResumeshop.com All rights reserved worldwide