&
Vol. 1Vol. 29

Vol. 30Vol. 57

喫煙、禁煙

今日は喫煙、禁煙についてです。
日本よりアメリカの方が喫煙についてはるかにシビアなのは、皆さんも
既にご存知の通りです。タバコのもたらす害については吸わない人のみ
ならず、喫煙者の人達にとっても百も承知の事実だと思います。
が、だからといって、すでに吸っている人達にとっては、そう簡単に
やめられるものじゃないというのもまた事実なわけです。
ちなみにこんなコラムを書いている私リィも、やめてから何年もたって
はいますが、元喫煙者です。なので吸う人、吸わない人の両方の気持ちが
わかるつもりでいます。
ここアメリカでは、タバコ会社への直接の攻撃が激しく、タバコ会社を
訴えた裁判の件数はものすごい数になっています。
個人からの告訴だと、ヘビースモーカーで肺癌になって余命短い人が
タバコ会社を訴えるケースや、癌で亡くなった方のご家族が訴える場合
もあります。
さんざん吸っておいて、タバコ会社のせいにするのか、と思われる方も
もしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、よくある裁判のケース
です。

タバコに関する訴訟のごく一部はこちら。(アメリカのYahooより)
http://news.yahoo.com/fc?tmpl=fc&cid=34&in=us&cat=tobacco_lawsuits

売る方が悪いのか、はたまた買う方にも責任があるのか、または売る方の
商品に対する説明不足なのか、などなど見方はいろいろあると思います。
訴訟は民間からだけでなく、州政府が訴えるというケースも多々あり、
タバコで健康を害した人達にかかる医療費に対してや、不適切な広告
による青少年への影響に対してなど様々です。
具体例をあげるとフロリダ、ミシシッピ、ミネソタ、テキサス等の
州政府がタバコ会社を訴えたケースがあります。
さんざん嫌われ、訴訟ではそのほとんどで負けて、毎回何百万ドルとか
時には何十億ドルとかいう国家予算のようなものすごい金額を支払う
よう命じられているタバコ会社ですが、いまだどこも健在です。
アメリカでは商売しにくいだろうに、と思ってしまいますが、まだまだ
資力はたっぷりあるそうです。
アジアを含む他国での売上もその一端を担っています。
が、何よりもやはりタバコはニコチンというaddictive(中毒性の)
物質が含まれているために、買わずにはいられない人達が絶えず一定
の人数いるからだということでしょう。
ドラッグの次に中毒性が強いのがニコチンです。
喫煙者を毛嫌いしているカリフォルニアでは、テレビとラジオでの
タバコのCMは法律で禁じられていますが、禁煙を促すショッキングな
画像を使ったanti smoking(喫煙反対)のCMは流れていて、CM作成
の予算は、タバコにかけられた税金が使われています。
タバコにかけられている税金も上がる一方で、商品価格のかなりの
割合が税金です。
が、タバコという商品は、値上げによる影響が購買にあまり影響を
与えない商品の代表選手です。
不況等の経済の影響もあまり受けないのでも有名です。

やはり中毒症状をおこさせる商品を扱えば、ビジネスは簡単に成功
するんだなーなんて思ってしまいますが、ありました、やっぱり、
そういうことを考えた企業が。
ある会社がニコチン入りの水を商品化して売ろうとしたんですが
FDA(米食品医薬品局)の認可がおりませんでした。
でもこの会社は、スモーカーにとって吸いにくくなっている昨今、
吸えない場所でタバコの替わりに飲んでもらえたら、という感じの
コンセプトで攻めたらしいんですが、FDAの見解としてはその水を
タバコを止める目的で飲む人が増える可能性が大で、そうなると
それは水ではなくドラッグに値するということで(?)不承認
となったそうです。
ニコチンパッチやニコチンガムなどは最初から治療用として申請
しているからいいということなのでしょう。
何だかよくわからないですが、要するにFDAとしては本当は
タバコもドラッグとして禁止したいのは山々だけれども、その
歴史はとても長く、しっかり定着してしまっている商品なので
いまさら禁止にはできないというのが本音のようです。
カフェインも習慣性(精神依存性)を引き起こすといわれています
がその習慣性は非常に弱いです。また、医薬品としても使われている
くらいでいい面もあります。
やはりスターバックスの世界征服(笑)は近いのでしょうね・・・

Vol. 1
Vol. 29

Vol. 30Vol. 56


Home | Services | How it works | YourData | Tips | FAQ | Contact | Privacy
Copyright (c) 1999-2008 eResumeshop.com All rights reserved worldwide