&
Vol. 1Vol. 29

Vol. 30Vol. 57

肥満

肥満がアメリカ人にとって深刻な問題になってから久しいです。事態は
どんどん悪くなる一方で、最近では子供の肥満も増えてきていて、ますます
深刻さは増すばかりだそうです。
それにつれ、ダイエット食品や、エクセサイズビデオ等のプロダクトが
次から次へと新しく開発されて、そのすごさは目を見張るものがあります。
よくアメリカ人が日本に旅行して帰ってくると、皆その携帯電話の普及率や
多機能で小型の電化製品に驚かされたと言います。
逆にもし日本人がアメリカに来て、地元のスーパーマーケットに立ち寄った
としたら、アイディアにあふれた様々な低脂肪又は無脂肪の食品の数々に
驚かされるのでは、と思います。
低脂肪をlow fat、無脂肪をnon fat又はfat free、砂糖の入っていないものは
sugar freeといいますが、商品のパックや箱にでかでかと表示されていて
実際、low fatやnon fatじゃない普通の食品を探す方がむずかしいくらいです。
例として:
fat free牛乳(水のようでまずい)
fat freeチーズ(実は豆からできていたりする)
fat free卵(液状で牛乳のような紙パックに入って売られていて、中身は実は
卵の白身だけだそうで、cholesterol free-コレステロールフリーでfat free。
黄身に見えるように、黄色く着色されていて黄身にそっくり。)

その他、サラダにかけるベーコンビッツなんかもfat freeで売ってます。
ベーコンがどうしたらfat freeになるのかと思いきや、実はやはり豆から
できていてベーコン色に着色されていて味も塩辛くベーコンらしく作って
あります。
普通のマヨネーズを買おうと思ったら、Real mayonnaise(本当のマヨ
ネーズ!)とわざわざ書いたのを買わなくちゃいけません。
どうしてもfat freeにできない生の肉類のパッケージには、97% fat freeとか
99% fat free等と表示されています。
アイスクリームもfat freeでsugar freeのが売ってます。
そこで、最近知った商品で一番私が感動して、ちょっと恐怖さえ覚えた
のがなんとfat freeのポテトチップスです。
袋のラベルを撮影したので是非是非ご覧になって下さい。必見です。
http://www.eresumeshop.com/mag/chips.asp

ベジタリアンレストランなんかもダイエット中の人のみならず、ヘルシー
志向の人達には人気です。
定番の料理はベジバーガーで、ハンバーガーだけど、パテが野菜でできて
いるものです。メニューにはチキンの何とか風とか、牛肉のなんとか煮とか
書いてはあっても、全て野菜を加工したものでできています。
最近会社の近くのベジタリアンレストランで食べた魚の料理は、本当に
魚の味がして野菜とは思えなくてびっくりでした。

リィは最近太り気味な為、ついこんな話題になってしまいましたが、いくら
low fat食品でもたくさん食べたらhigh fat、non fat食品でもノーカロリーでは
ないという基本を忘れないようにしたいと思います。(笑)

Vol. 1
Vol. 29

Vol. 30Vol. 56


Home | Services | How it works | YourData | Tips | FAQ | Contact | Privacy
Copyright (c) 1999-2008 eResumeshop.com All rights reserved worldwide