&
Vol. 1Vol. 29

Vol. 30Vol. 57

アメリカ永住権が当たるDVプログラム

旬の話題です。
今年も又、アメリカ永住権が当たる年に一度のDVプログラムの季節が
やってきました!
何だか毎年のように、今年はもうない、今度こそ終わりだ、テロの影響で
きっと廃止になる、などなどの憶測を呼んでいましたが、今年も無事
日本は参加可能国になっています。
アメリカ国務省(State Department)が行うこのDV-2004プログラムは
2004 Diversity Immigrant Visa Programといい、日本語では
2004年度移民多様化ビザプログラムといいます。
今まだ2002年なのに2004年?っていう突っ込みが入りそうですが、
これは当選の発表が来年2003年で、その後実際に発行される永住権が
2004年度分だからです。
全然なんのことだかさっぱりわからないという方の為に簡単にご説明
しますね。
移民多様化という文字の通り、簡単にいうとアメリカ国内において
いろいろな人種を混ぜ混ぜにしよう、というのが目的です。
皆さんご存知の通り、そもそもここアメリカは移民で成り立っている国
です。
先住民のインディアンが暮らしていたところへいわゆる外国人が
方々からやってきて国が成長していったわけです。
その歴史から、Diversity(相違、多様性)が国を強くするというのが
American Spiritであり、信念であるわけです。
アメリカと日本の違いは?なんていう漠然としたQuestionに
もしあえて答えるとしたら、真っ先にリィの頭に浮かぶのは
この部分です。
単一民族の国である日本と、移民で人種が入り混じったアメリカ。
人種を混ぜるのが国の成長にいいのか悪いのか、あるいはどの国にも
通用する方法なのかはリィにはわかりませんが、少なくともここ
アメリカでは多くの人のbeliefであります。
さて、話がそれましたがこのDVプログラムは、アメリカに住むことを
希望する人達に抽選で永住権が当たるというものです。
永住権というとピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、
グリーンカードといえば、「おおっあれか」という感じではないですか?
要するに、アメリカに合法的に住めるビザのことで、移民ビザと
呼ばれるものが永住権です。
永住権(俗称:グリーンカード)を取得すると、選挙権がもらえない
ことと、一部の政府関係職につけないことを除けば、ほぼアメリカ人と
同等の権利を与えられた状態で米国に住めるわけです。
自由に仕事をしたり、学校へ行ったり、要するに”住む”ことが
できます。
また、帰化するわけではないので、国籍は日本のままで、日本人で
あることにかわりはありません。
55,000人にグリーンカードが当たるというこの太っ腹な抽選に、毎年
世界中からアメリカンドリームを夢見る人々が多数応募します。
eResumeShop.comでは、DVプログラムの抽選参加の為の、申請代行
サービスを現在行っています。
アメリカで生活することに興味のある方がいらっしゃいましたら、
是非下記ページをご覧下さい。

申請代行サービスについてはこちら。10/24が締め切りです。
http://www.eresumeshop.com/dv2004/dv2004services.asp
DVプログラムについてのよくある質問はこちらです。
http://www.eresumeshop.com/dv2004/dv2004faq.asp

グリーンカードがあると、ビザのサポートをしてくれる会社を必死に探す
必要はなくなり、選択肢がとても広くなり(どこでも応募できる)、転職も
自由なので、アメリカでの就職を考えていらっしゃる方には絶好のチャンス
といえるでしょう。
年に一回のチャンスですのでお見逃しなく!

Vol. 1
Vol. 29

Vol. 30Vol. 56


Home | Services | How it works | YourData | Tips | FAQ | Contact | Privacy
Copyright (c) 1999-2008 eResumeshop.com All rights reserved worldwide