&
Vol. 1Vol. 29

Vol. 30Vol. 57

「仕事上の人間関係」 エピソード2
ジョーと食事をしたサマンサ、何かすっきりしない


▼今週の状況▼
ジョーと食事をしたサマンサですが、すっきりしないものがあり
同僚のマーサに相談しています。

◆エピソード 2◆

Relationships in business - Episode 2

M: Martha
S: Samantha, the printing company representative

S: Can I ask your advice on something?
M: Just call me "Dear Abby". What's up?
S: One of my clients suddenly asked me out to dinner and
   I went out with him last night.
M: That usually ends up being a mistake.
S: I couldn't say "no" and now he has asked me out again.
M: What did you say?
S: I just stalled for time and said I needed to check
   my schedule and that I would call him today.
M: Why didn't you just say "no"?
S: His company is a very important client.
   We have made a few mistakes on some work we did for him
   and I was afraid to say "no" to anything.
M: You should have said "no" in the first place.
   Never go out with a client, vendor or co-worker.
   It always spells trouble.
S: I thought it would be ok. He is a nice guy.
M: But you have to say "no" someday and then what will happen?
   Or do you just plan to keep saying "yes" until you marry him?
S: Very funny.
   I guess I better stop this before it gets any worse.
M: Let's come up with a way to let him down that doesn't
   make him too unhappy.

<to be continued...>

◆エピソード 51の解説◆

★"Dear Abby"
これは今大人のアメリカ人であれば誰でも知っている超有名な
新聞のコラムのタイトルです。
もうかれこれたっぷり30年以上(40年以上かも)は続いている
コラムで、要は読者の悩みにAbbyが答えるというやつで
いつも質問者がDear Abbyで質問を始めます。
新聞もアメリカ全土のあらゆる新聞に連載/転載されていて
文字通りアメリカ中の人が知っているコラムです。
オリジナルのAbbyはとうに引退していて、何人か人は代わった
ようですが、いまだに続いています。
アドバイスをと言われてマーサはふざけてこのように答えた
わけです。

★ask 人 out
(訳)デートにさそう、出かけようとさそう

★stall for time
(訳)時間を稼ぐ、引き延ばす

★in the first place
(訳)はじめから、元々、最初から
過去の過ちを語ったり後悔するときによく使われます。

★go out with〜
(訳)〜とつきあう、〜と交際する
このgo outもそうですが、英語口語で男女関係の付き合いは
とても簡単な英語で表します。

<例>I am going out with Tom.
<訳>私トムとつきあってるの。

<例>Are you seeing someone?
<訳>誰か付き合っている人はいますか?(恋人はいますか?)

★spells trouble
(訳)トラブルになる、トラブルの元
spellは綴るという単語で、直訳すればtroubleという単語を綴る、
ということで、「手持ちのアルファベットで綴るとトラブルになる」
すなわち、「その状況だとトラブルになる」という意味です。
trouble以外だとspells disaster(大きな不幸、災害)という
言い方もあります。

★Very funny.
(訳)冗談じゃない!、面白くも何ともない!
直訳すると「非常に面白い」となりますが、実は全く反対の意味で
ちょっと皮肉の入った感じになります。

◆エピソード 51の全訳◆

仕事上の人間関係 − エピソード2

M: マーサ
S: サマンサ、印刷会社の営業職

S: ちょっと貴女のアドバイスもらえるかしら?
M: ディア、アビーと呼んでちょうだいよ。何々?
S: クライアントの一人に食事に誘われてね、昨日の夜
   彼と食事してきたの。
M: それってたいていの場合、最後はミステークとして
   終わるのよね。
S: ノーと言えなかったのよ。そしたら又行こうって誘われたの。
M: なんて答えたわけ?
S: とりあえず時間稼いだだけ。スケジュールをチェックして
   今日電話するからって言ったの。
M: 何で素直にノーと言わなかったの?
S: 彼の会社はすごく重要なクライアントなのよ。
   うちの社で彼のとこの仕事で何度かへまやってて。何にしても
   ノーが言いづらくて。
M: 最初の時点で断るべきだったのよ。
   クライアントや業者、それに同僚とは絶対につきわないこと。
   必ずトラブルになるんだから。
S: 大丈夫だと思ったの。彼はいい人だし。
M: でもいつかはノーと言わなくちゃいけないのよ。そしたら
   その時どうなると思う?まさか最後に彼と結婚するまで
   ずーっとイエスと言いつづけるつもり?
S: 冗談じゃない!
   やっぱり、これ以上悪い状態になる前にやめるべきね。
M: 彼の期待を裏切るんだけれども、でもあまりにも不愉快な思いを
   させないような方法を考えましょう.

<続く・・・>

Vol. 1
Vol. 29

Vol. 30Vol. 56


Home | Services | How it works | YourData | Tips | FAQ | Contact | Privacy
Copyright (c) 1999-2008 eResumeshop.com All rights reserved worldwide