&
Vol. 1Vol. 29

Vol. 30Vol. 57

「やっかいな同僚」。 エピソード1
うるさい音をたてる隣のオフィスの意地悪なアリスン


▼状況▼
アリスンとリンダはオフィスが隣同士の同僚です。オフィスは各自個室です。
リンダは隣から聞こえてくる騒音をいつも苦々しく思っています。

◆エピソード 55◆

Problem co-worker - Episode 1

A: Allison
L: Linda

<Linda is in her office. Allison's office is next door.
Allison's radio is blasting and it is bothering Linda.
Linda walks over to Allison's door.>

L: Good morning, Allison.
A: Yeah. You want something?
L: Yes. I was wondering if you could turn down your radio?
A: I could, but I won't.
L: Why not?
A: Cause you didn't say "please".
L: Ok. Could you please turn down your radio?
A: Nope. Too late.
L: Thanks for your help.

<Linda walks back to her office and sits down.>

L: <thinking... I don't understand what her problem is.
   This is an office, not a disco.>

<the radio gets even louder.>

L: <thinking... What a nasty person! Maybe I should tell my boss.
   But if I do, and Allison finds out, she will probably become
   even nastier. What should I do?
   Maybe I'll ask my husband's advice when I get home tonight.>

◆エピソード 55の解説◆

★blasting
(訳)大きな音で響き渡っている、爆音を発している
「かかっている」なんてレベルでない時にぴったりな表現です。

★bother
(訳)悩ませる、うるさがらせる、困らせる、嫌な思いをさせる

★Thanks for your help.
これは普通、何かしてもらったときに、
「助けてもらってありがとう」「お世話になりました」
という意味で使います。
が、ここでは何かしてもらうどころか頼んだことに対して
あからさまにNOだったので、嫌味として言っています。

★nasty
(訳)意地の悪い、陰険な、嫌な

◆エピソード 55の全訳◆

厄介な同僚 - エピソード1

A: アリスン
L: リンダ

<リンダは自分のオフィスにいます。
アリスンのオフィスは隣です。アリスンのラジオがものすごい
音量でなっていてリンダを苛立たせています。
リンダ、アリスンのオフィスへ行きます>

L: おはよう、アリスン。
A: ああ・・・何か用?
L: ええ、貴女のラジオの音量を下げてもらえないかしらと思って。
A: 下げようと思えば下げられるけど。でも下げないわよ。
L: なぜ?
A: だって、貴女「お願いします」って言わなかったから。
L: わかったわ。ラジオの音量を下げてください。お願いします。
A: 嫌よ。今さら遅いわ。
L: それはご親切に。

<リンダは自分のオフィスに戻り、席に付きます>

L: <心のつぶやき... 一体何なのかしら?!
   ここは会社であって、ディスコじゃないのよ。>

<ラジオの音がさらに大きくなります。>

L: <心のつぶやき... なんて嫌な女!上司に言いつけるべきかも?
   でもそんなことしてもしアリスンが知ったら、今よりいっそう
   意地悪になるだろうな。どうしよう?
   今晩帰ったら旦那に相談してみようかな・・・>

Vol. 1
Vol. 29

Vol. 30Vol. 56


Home | Services | How it works | YourData | Tips | FAQ | Contact | Privacy
Copyright (c) 1999-2008 eResumeshop.com All rights reserved worldwide