eResumeShopへようこそ! キャリアツール ティップス FAQ


電話インタビューについて

日本にいながらにして、海外にある会社に応募する場合、履歴書が無事パスした後、次に来るステップが電話インタビューです。ここでは電話インタビューのために準備しておくことを述べたいと思います。
まず、いきなりその会社からインタビューとしての電話がかかってくることはまずないです。履歴書がパスして先方が貴方に興味を持ってくれた後は、いつインタビューをセッティングしてほしいか貴方のスケジュールを尋ねるEメール、ないしは電話が先に来るのが普通です。応募先の会社から直接、もしくは間に入っているエージェントが貴方の都合を聞いてくれます。
当然向こうの都合もありますし、時差の関係もありますので、いきなり国際電話で聞かれた場合ぱっと答えるのはむずかしいでしょうから、履歴書を送った時点で自分に一番都合のよい時間帯をその会社との時差を考えて、だいたいの時間枠をざっと見積もっておきましょう。いつでもいい場合はそれでいいですが、「いつでもいいです」だけで終わらせず、必ず「私はいつでも結構ですので、例えばX月X日のX時ころはいかがでしょうか?」と提案しましょう。この際に、時間に余裕を持って、いろいろ準備したいのはやまやまでしょうが、できるだけ次の日ないしは2日後くらいを提案しましょう。相手は相手で都合をいってくれますから、双方のあう一番早い日時がベストです。 次に、電話インタビューの日時が決まったら、集められるだけのその会社についての情報を集め勉強しておきましょう。応募職種に必要とされる知識で自分に弱い分野があれば、それに関連する資料も準備。これは間際でたいして時間がないのでできる範囲でやるしかありません。  
さて、インタビュー当日ですが、電話というのはこちらの様子が相手には見えませんのでそれを最大限に利用しましょう。
まず、時間の30分位前には自分と電話の周りに全ての資料を見やすいように並べます。
この時なんと一番大事なものが、貴方自身の履歴書なのです。相手は貴方の履歴書を貴方の資料として見ながらインタビューをしてきます。そこに書かれている内容について(これは絶対といって過言ではありません)、質問されます。職歴の多い人など自分のことでもそうぱっぱと出てきませんよね。ビジュアル的に目の前にあると非常に答えやすいのです。プラス、なぜか欧米人の傾向として、98年にどうのとか99年以来どうのとか、やたらに年号を口にします。もちろん西暦で。この際も英文履歴書を目の前においておいた方が簡単です。
アドバイスとして絶対にばさばさと紙の音をさせないように!めくり物は禁です。床に敷き詰めましょう。
それと資料から「読む」のも厳禁です。資料はあ くまでコンテンツのとっかかりにするため見出しをみるような感覚で使い、あ とはその場で言葉にして話しましょう。読むと必ず相手にわかるそうです。声の印象は大事なので、とにかく明るくポジティブに話すよう努め、最後に質問がないか、たいてい聞いてくれるので何か必ず質問しましょう。
締めくくりに必ず、インタビューに時間をさいてくれたことに対してお礼を言いましょう。戻る
 


面接に行く前には何を準備する?
晴れて念願の面接に行けることになったら、最高の結果を得るためにも、いろいろ準備しましょう。面接に行く前に、準備することは、二つあります。リサーチと会社の場所の下見です。
まず、リサーチですが、自分の応募する会社について、調べられるだけ調べましょう。会社にホームページがあれば一通り見ておく。その会社関連の記事の載っている雑誌や本、又はその業界の書籍やWebにも目を通しましょう。
面接の最中に、調べた結果は必ず生きてきます。何か質問はと聞かれたときに「貴社のWeb上にあった、XXXについてですが、」等とリサーチした結果いろいろ質問できますし、どんな担当者でも自分の会社について興味を持って、いろいろ調べてきた応募者には好感を持ってくれるものです。
又、実際の業種、職種、仕事内容を理解する助けにもなります。友人、知人がその会社で働いているような場合は、ポジティブにいろいろ聞いておきましょう。
次に会社の場所の下見です。日本国内で応募の場合で、その会社が一回も降りたことのない駅にあるような場合は、実際の面接日以前に一度行ってみて、念のため場所を確認しておきましょう。
当日、遅刻は厳禁ですので、駅から歩いてどのくらいあるか、確認しておくといいです。車を使う場合は、近辺の駐車場もチェックしておきましょう。

面接の場が海外の場合ですが、これはもし今日本に住んでいる場合は、事前にちょっと行ってみて確認というのは難しいですので、数日の余裕を持って現地入りし、やはりその会社のビルの真ん前まで行って確認しましょう。
ホテルからタクシーというのも近くに泊まれば確実ないい手ですが、その際は、ラッシュなどのことを考え、平日の、面接時間と同じ時間につくように一度行ってみて、時間を見積もるようにしましょう。午前中の時間を指定された場合、電車にしても車にしてもラッシュにあたる場合があります。 
私は一度ニューヨークはマンハッタンのど真ん中にある会社に朝9時の面接で行ったことがあるのですが、事前に下見はしておいたものの、朝の同じような時間帯で下見をしていなかったので、道が朝のラッシュでものすごく混んでいて、タクシーの中でやきもきした経験があります。
ものすごーく早く家又はホテルを出ればいいじゃないか、という意見もあ りますが、時間を持て余し、もしその会社の回りに何もないと、ボーっと突っ立っているだけで目立ち、アメリカの大きい会社などではセキュリティガードなどに挙動不審者と思われて注意されかねません。ロサンゼルスのダウンタウンやニューヨークなど街中ではカフェなどがたくさんあ りますので時間はつぶせますが・・・
慣れない海外の場合は、防犯に関しても十分注意しましょう。戻る

英語インタビュー対策としておすすめしたい本
採用される英語面接 対策と実例集 (CD book)
田上 達夫
ベレ出版
売り上げランキング: 21508

面接当日、服装、態度、握手、、、
面接当日。まず服装ですが、It is hard to overdress for a job interview.とよく英語では言われるのですが、仕事の面接の場合は(丁寧に、きちんと)なりすぎることはむずかしい。これは、無難なビジネススーツを着ていってフォーマルすぎるとか、準備しすぎることはなく、言い換えればカジュアルな格好をしていって失敗することはあっても、スーツで失敗することはない、ということです。
特殊な場合を除いて、無難でプロフェッショナルに見えるスーツか、そう見える服装で面接に臨みましょう。
例えば、その会社の社員が皆ジーンズで仕事に通っていることを知っていてもということです。
履歴書は大胆に、服装は無難にというのが成功の秘訣です。
次に態度。その会社の受付の人、部屋に通してくれた人、面接の担当者、全てに明るく笑顔で対応して下さい。これはどこの国での面接でも共通です。
海外(現地オフィス)で面接の場合は、ビル内でアイコンタクトのあった人には誰かれかまわず笑顔を作って下さい。(こちらからしないでも向こうから微笑みかけてくる場合が多いです。)その際日本風の会釈や、軽くても絶対お辞儀はしないでください。(体を傾けないということです。)
例えば早く着いて、ビル内、又はその会社の入っているフロア内でレストルームを見つけて入った場合、もし中で人に会ったら、朝なら笑顔で「Good morning!」昼間なら「Hi」と言って笑顔を見せましょう。その後は別に何もしゃべらなくていいです。面接の地がイギリスの場合は、ややこれより控えめに、でも感じ良く。アメリカの場合は思い切りやりましょう。
日本国内で外資系で面接の場合は、赤字でかかれた部分は省いて下さい。ただ、できそうな雰囲気だったらやって下さい。
悲しいことに、いまだにこちらアメリカでは、あまり日本人応募者になれていない採用担当者の目には、日本人は愛想が悪い、むすっとしているといった印象を持つ人がいます。これは日本人が悪いわけではなく、単なる知らない人との接し方の違いというか、文化の違いであって、日本だったら知らない人にやたらに笑いかけたら気味悪がられますよね。イギリスも若干ですが近いものがあり、紹介されていない人に、同じ待合室で待っていても、ぺらぺら話し掛けたりあまりしないようです。
さて、部屋に入っていき、面接官と出会ったらすかさず笑顔で、(できれば自分から)握手して下さい。この際、ある程度しっかりと握ること。もちろん、相手の手を傷めない程度に!日本人の握手は力が入っていなく、幽霊と握手しているようだというのもよく聞く話です。貴方が女性の場合は、あまり力をこめなくても、向こうはたいして気にしないかもしれませんが、貴方が男性の場合、しっかりと握って下さい。

さて、日本にあ る外資系の会社で面接官として日本人が出てきた場合は、握手は必要ないでしょう。面接官がイングリッシュスピーカーの場合、ぱっと会った雰囲気で判断してみてください。日本に住んでいる外国人の場合は、握手のないのに慣れていますので、別にそれだけで失礼だとかフレンドリーでないとは判断されないでしょう。戻る

聞いていいこと、いけないこと
聞いていいこと、いけないこと、というタイトルにしましたが、要はプラスに向く質問と、避けた方が無難である、マイナスにむいてしまう可能性のある質問ということです。せっかく勝ち取った面接のチャンス。うまく採用までこぎつけたいものです。
さて、プラスに向く質問は、その応募するポジションに関すること。仕事内容に関することはもちろんのこと、何人くらいでその業務をこなしているか、今のその部署の目標であるとか、責任、どんな会社と関わりを持つか、他の部署との関わりなどなど。募集要項には書かれていない、細かい業務のプロセスなどはどんどん聞きましょう。その会社にとっては、貴方はその仕事をしたいがために応募しているので、当然仕事そのものについて熱心に聞く応募者は、向こうとしてみれば見込み大な候補者になります。次は、その会社についての質問もプラスに向く質問です。

ただ、これはあまりにも初歩的な質問になると、その会社について何も知らないのに応募しているのか、となり、かえって裏目に出ますので注意してください。業務内容に関しては知っていて当たり前なので、興味を持っているのでもっと知りたい、というような感じで質問しましょう。
例:「先日雑誌で御社の製品の特集を拝見したのですが、あの新製品のOOは非常に今の日本の市場にマッチしていると思います。あのコンセプトは日本支社である御社の企画部で生まれたのでしょうか?」マーケティング関係の仕事に応募している場合など。

さて、次に避けた方がいい質問。給料、ボーナスの有無(海外、外資の場合ないところが多い)福利厚生、休日数。
まず、勘違いしないでいただきたいのが、これらについては、面接(特に最初の)で聞かなくても、仕事のオファーをもらってから、質問する機会は必ずあるということです。特に海外にある会社に応募する方は、これらの条件を見ずに契約書にサインする方はまずいないでしょう。それと、間にエージェントを通している場合は、お給料交渉は彼らの役目ですので、非常に楽で、当然このエージェントには最初からいくら欲しいとか、いくらもらえそうか等どんどん聞いて構いません。
エージェントを通さず、直接アタックしている場合は、面接の感じでどうしてもその仕事につきたい!と思ったら、自分からは待遇面に話を持っていかず、プラスにむきそうな質問のみで攻めましょう。
まず一番大事なのは、向こうに貴方を好きになってもらう、気に入ってもらうのが先だということです。お給料どうのはそれから。そして、オファーが出たらこっちのもの。その時点で丁寧に、年収であるとか、休日についてなど質問/確認しましょう。
向こうが貴方に来てほしい、となってからネゴシエーションはスタートするのが勝利の秘訣です。外資系や海外にある会社(一部のアジア諸国の会社や外資はこれにあてはまりません)は日本の大企業などにありがちな、年齢や学歴による給料テーブルや等級制度などの、仕事の実力や経験などを無視した年収の決め方はあまりしません。ですので、面接の時点でいかに自分が有用であるかをアピールするとともに、自分の経験と価値をうまく説明するのが非常に大事です。
それと、もう一つ参考までに。
よっぽど怪しい会社でない限り、休日なんていうのはどこも週休二日プラス、リーズナブルな休暇制度をその国の労働法に基づいて設定しています。ですから普通より多ければそれはそれでラッキーでしょうし、信じられないほど少ないなんていうことまずありませんので、わざわざ「夏休みは何日ありますか?」なんていう質問をして、万一心証を悪くするより、繰り返しますが、まず気にいってもらいましょう。それと、大企業の場合は福利厚生や、株主制度、自慢のカフェテリア(笑)など、こっちから聞かなくても十分に説明してくれる場合が多いです。
がんばってオファーを勝ち取ってくださいね。戻る

おすすめの本

面接の英語

Thank you letter?!?!
サンキューレター。よく企業に面接(電話面接も含む)してもらった後に、お礼の手紙を担当者に送るってやつです。よく古い英文履歴書の書き方の本なんかに書いてありましたよね。何事も、絶対こうしなきゃいけないなんていうルールは存在しないので、ここでは効果ありなしの明言は避けますが、もし絶対書かなきゃいけないなんて思ってる方がいらしたら(いないか?そんな人)なくてもいいと考えておいたほうが無難です。
自然な流れで、すごく面接に時間がかかり、「忙しい中ありがとう」の本当の意味でのThank youをいうのはとてもいいことですので、どうしてもいいたい!という場合は、出しましょう。人間何事も後悔するのはよくないですから。ただし、もし担当者のEメールアドレスなどがわかっている場合は、郵便よりEメールの方がいいです。軽い感じがしますし、忙しい担当者に封筒を開けさせて、「ありがとう」の一言を読ませるのも、今は一般的とは言えなくなってきているのが事実です。
ただこれも、比較的小さい会社で、担当者が面接した人全員の名前を覚えているような場合は、けっこう効くかもしれません。この際、面接が一回でなく2次、3次とあるようでしたら、後の方に出した方がベターでしょう。人数も絞られてきているわけですし、ああ、XXさんかと思い出してもらえる場合は理想的です。逆にフライトアテンダントの面接のように、1次で担当者が大量な応募者にあう場合は、出さない方が無難です。

ちなみにこのTIPSを書いている私個人は、サンキューレターなどは考えたこともなかったですが、今までに一回だけ、面接をとりもってくれたヘッドハンター(アメリカ人)からなんと強制されて出したことがあります。それはアメリカにある日系企業で面接をしてもらったときで、採用担当者は日本人でした。ヘッドハンターの彼女いわく「日本企業には、未だにこういう手が効くかもしれない、とりあえず目立つでしょ」とのことでなんと内容まで指示してきました。
同じポジションに何人もの人が面接を受けた、という事実が確実にわかっている場合で他の人より目立つというか思い出してもらうのにはもしかしたら効果あるのかもしれません。皆さんがよくご存知のアメリカの某大手エンターテーメント会社のアメリカ人の採用担当者の方に聞いたところ、「今時そんなもの出す人いるの?」とのことでした。

いろいろ書いてきましたが、これは絶対という解答がないので、おおざっぱな個人的アドバイスとして聞いていただきたいですが、テクニカル系の仕事は郵便のThank youレターなら出さない方がはっきりいって無難です。旅行会社系サービス系は先に書いた理由で、もしかしたらもしかしてラッキーかもしれません。
それから、面接をしてもらったきり、長い間その会社から何の音沙汰もなくやきもきしているときなどに、面接に時間を割いてもらったことのお礼を言いつつ、結果はいつ頃もらえるのか、といった手紙を書くというやり方もあります。

皆さん、後悔のないよう、応募する会社の規模や会った(又は電話で話した)担当者の人柄などで判断してください。

TIPSページへ戻る
このページのトップへ戻る
eResume Shop Homeヘ戻る

Home | Services | How it works | YourData | Tips | FAQ | Contact | Privacy
Copyright (c) 1999-2008 eResumeshop.com All rights reserved worldwide